多量のメールを即座に送信することができる

メール配信システムを有効に活用して情報を配信するメリットのひとつとして、多量のメールを直ぐに送信できる点があげられます。 通常使用しているソフトでメールを1通送り届けるには送信ウィンドウを起ち上げ、アドレスをインプットして、送信ボタンを押すまでにそれ相応に時間がかかります。要するに1時間あたりどれほど送信出来ても1000件程度です。しかしながらメール配信システムを利用することにより1時間に数十万、数百万のメールを楽に送信できます。 それに加えて、メール配信システムを活用することにより短い時間で送信出来るだけのでなく、手間なく送信できますので、入力ミス等による宛先のケアレスミスなども起こらなくなります。

不通メールを削除でき効果測定ができる

クライアントに対する営業メール等を配信していると必ずといっていいぐらい引き起こされるのが宛先不明となり返ってくるメールです。自身で送信しているケースでは、1件ごとに宛先が不明になったアドレスを宛先管理のDBやエクセル上で修正や削除などを実行しなければななりません。 しかしながら配信システムには、宛先不明もしくは受信拒否となったアドレスを自動的にジャッジし登録の中身の変更や削除ができます。 それから、本文に記されたURLのクリック率などを計測することができる機能が存在します。クリック率を測ることによって、次のメール配信の時の原稿の中身やURLの位置など改善できます。更に計測できるのはクリック率のみではありません。誰が、どのタイミングで、どういったページを見たのかなども認識できます。

メール配信のサービスは、企業が顧客からメールアドレスを提供してもらい、キャンペーンなどの各種情報をその顧客に対してメール送信するサービスのことをいいます。