見やすいメールを確実に送信

商品広告は見やすいメールが重要ですよね。しかし、いろいろなデザインやレイアウトを組み合わせて最適なメールを作らなければなりません。ノウハウがないため試行錯誤になりますがメール配信サービスを利用すれば雛形が準備されています。ほぼ画像やネットのリンクを張り付けるだけ手軽な操作です。デザイン変更も簡単に行うことができます。また、たくさんの送信をするにはトラブルが生じます。サーバーがパンクしたり、相手にブロックされたりすることもあります。しかし、メールの配信する量をコントロールすることやIPアドレスを変えることで、迷惑メールにしないようにしてくれるサービスもあります。ウィルスなどにも強い環境を持っているため安心です。

分析で効率的なアクションを実現

メールを配信するだけでは商品広告としての成果が分かりませんよね。メール配信サービスでは分析をして配信の方法を見出してくれるのです。例えば、開封率ではお客様に本当に届いたかや無視されていないかを確認することができます。開封率の変化でメール配信の質を確認することができるのです。この結果を受けて、件名をかえたり配信タイミングをかえたりするアクションにつなげていきます。つぎに、URLのクリック数です。実際に具体的な検討してくれているかを見ることができます。閲覧時間もわかるのでメールのデザインの検討につながります。配信エラーの件数も見れますよ。メール配信サービスによって分析内容が異なるため比較検討することがポイントなのです。

メール配信APIとは、顧客が自社のシステムを操作すれば、API連携がされた異なるシステム上からメールマガジン等の配信を行うことができるサービスのことをいいます。