適切な頻度を見極めよう

情報を提供すれば商品を購入したり、サービスに申し込みを行ったりなど、ビジネスに結び付きます。その手段としてメール配信は、テキストや画像、動画など様々な情報を載せて届けられる魅力的なサービスです。メール配信のサービスを利用すれば、登録者に対して自由に情報を届けられるようになりますが、1日に10回や20回というように明らかに多い回数になってしまうと、登録者に内容を確認してもらえなかったり、登録を解除されたりするリスクがあります。一方通行になってしまってはメール配信を行う意味が薄れてしまうことから、利用するからには適切な頻度を見極めることが重要です。すると、成果に繋がる回数でメール配信を行えるようになるでしょう。

開封率やクリック回数を参考にする

メール配信で情報を発信する適切な頻度を決めるには、開封率やクリック率といった情報を参考にしましょう。たとえば、1日に5通のメールを配信した結果、1通しか開封されていないとわかった場合は、4通や3通というようにもう少し頻度を下げて実験することをおすすめします。逆に5通全てを開封している登録者が多いとわかった場合は、配信数を6通や7通と増やして様子を見ると良いです。急に頻度を大幅に増やすと登録者を驚かせてしまうので、少しずつ増やすのがポイントです。また、配信しているメール数に対して載せているURLのクリック率が低い場合は頻度だけではなく、内容や時間帯なども検討すべきです。分析に時間はかかってしまったとしても、適切なメール配信の頻度を導き出せれば、少しずつ成果に表れるでしょう。