特定電子メール法に注意しておこう

ユーザーにメール配信をするときにはちょっと注意することがあります、特定電子メール法と呼ばれるものがあるのですが、これに遵守しないといけないです。この法は広告メールに原則として受診者の事前承諾などを定めいているのが特徴です。配信をする前に電子メールの送信に対象ユーザーが同意しているのかを確認しましょう。またメール配信をするときには、必ず送信者の社名や氏名を入れないといけません。他にも受信拒否の通知を受け取るためのメールアドレスも表記する必要があります。多くのユーザーに一度にメール配信できるの画期的なサービスですが、意外な落とし穴があることを理解しておくと安全です。以上を理解してメール配信を使いましょう。

社内での役割分担も大事

ユーザーに広告メールを配信するときは不適切な要素がないか確認しないといけません。これは会社に1つのメール部門を設けても一人のスタッフに作業を行わせているのはだめです。メール担当者だけでは確認不足で問題が発生する可能性があります。そこでメール配信者だけでなくシステム管理者や名刺の持ち主などに役割分担をさせるのがおすすめです。こうすることでしっかりしたチェック体制が整います。互いにチェックをすると宛先違いや誤配信の他に、内容不備などのリスクを回避できるでしょう。メール配信者はメール配信の目的を送付先社内関係者と共有します。また宛先が送信不可なのかを社内関係者と確認するのがおすすめです。配信に不明な点がある場合はシステム管理者に相談をすると、問題解決が可能です。